年末卵価が高かったのは・・・

0
    ━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    わたしたち竹鶏ファームは、地域に生かされていることに感謝し
    日本で一番、ありがとうの“わ”が生まれる養鶏場を目指しています。
    ━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    こんにちは。
    竹鶏ブラザーズの兄、志村竜海です。


    僕が竹鶏ファームで就農してから、
    実は養鶏業界に関しての、意外にたくさんの情報量が毎日流れてきます。
    専門紙や新聞、ファックスなど・・・
    整理整頓が滞るほどの量があります。

    僕の独断で情報ピックアップして、
    週1程度で、まとめてブログ記事にいこうと思います。


    昨年末、メディアで話題になっていた
    物価の優等生「たまご」の価格高騰に関して、
    情報をまとめていきます。


    10年間の鶏卵価格データが、以下のようになっています。



    通常年末は「たまご需要」が例年高い状態です。
    ケーキやおせち、食品が全般に高く需要も多いからだと思います。
    特に2013年に関しては、異常に高くなりました。

    その要因は、個人的な情報収集結果を大別すると以下の3点みたいです。

    ?記録的猛暑による鶏卵生産量減

    地球温暖化(特に夏期の気温上昇)の影響もあり
    鶏舎冷却設備のない養鶏場では、それなりに産卵率が落ちます。

    ?若メスの減少
    これも暑さの影響で、日齢の若いニワトリの全体数減少です。
    若メスは、たまごの産み出す頃の成鶏のことです。


    ?成鶏淘汰事業参加羽数が前年より増加

    たまごは生産過多が長年続いています。
    生産量調整のために、規模の大きな養鶏場での鶏卵生産を減らす事業で、
    参加する事業所が増えてきているようです。統計的に。


    他にも要因があるのですが・・・
    複数の要因が重ねっていて、
    近年稀に見るような記録的高い卵価になったようです。

    竹鶏ファーム社長も
    「30年近くやっているが、今年くらいの高値は初めてだ」
    とおっしゃっていました。

    ところで、うちはというと
    竹鶏たまごは相変わらず、固定価格で頑張っていますので
    応援宜しくお願いしますね。

    ************************************
    \ 竹鶏ファームのメルマガ♪ /
    竹鶏ファームからの最新情報や耳より情報を
    不定期にお届けしています。>>ご登録はこちら
    ************************************


    日本で1番ありがとうの“わ”が生まれる養鶏場を目指して。
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     有限会社 竹鶏ファーム
     ■竹鶏物語 オンラインショップ
     ■竹鶏ファーム Facebookページ
     〒989-0731 宮城県白石市福岡深谷字児捨川向1-2 
     電話 / 0224-25-2814 FAX / 0224-25-2865
     受付時間 / 9:00〜18:00(年中無休365日営業)
     E-mail / info@taketori-monogatari.com
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    Copyright:© Taketori Farm All Rights Reserved. 
    文章・画像の著作権は竹鶏ファームに帰属します。

    1

    カレンダー

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    検索

    カテゴリー

    最近の投稿

    コメント

    アーカイブ